MBCトップ > テレビTOP > ど〜んと鹿児島

どーんと鹿児島
「どーんと鹿児島」のコンセプトは『鹿児島が舞台』、2013年10月で30年目を迎えました。
グルメ、温泉、旅情報、おでかけスポットや、スポーツドキュメント、事件・災害検証、時事討論まで!
出演者のほとんどは、鹿児島で暮らす人々です。
◆◇◆オンエアを見逃した方にも朗報!金曜 深夜 24:30〜再放送!◆◇◆
E-mail donkago@mbc.co.jp

10月5日 MBC夕方ワイドニュースの40年〜鹿児島の“いま”を伝えつづけて〜
MBCが初めて夕方ワイドニュース「MBC6時こちら報道」の放送を開始したのは1976(昭和51)年10月4日。放送時間は30分。当時、5分程度の短いニュース番組が主流の中、MBCでは全国でもいち早く放送時間の長いニュース番組に挑戦しました。その後タイトルが変わり番組は「MBCニューズナウ」へ引き継がれ、通算40年に渡り鹿児島の日々のニュースをお伝えしてきました。
今回「どーんと鹿児島」では懐かしい歴代のキャスターらが登場。ゲストに二代目キャスターで21年の長きに渡りニュースを伝えてきた横山欣司さんを迎え、また初代キャスターの喜田治男さんやMBC初の女性キャスターとなった山縣由美子さんなどにもインタビューを行い当時の思い出などを伺います。
番組は生放送でMBCの夕方ワイドニュース「MBC6時こちら報道」「MBCニューズナウ」がお伝えした鹿児島の40年を懐かしい映像とともに振り返ります。
放送でご紹介したお店情報や、おでかけスポットなどは、放送日の「リスト」マークをクリックすると詳しい情報が表示されます。
←前の月へ 2016年
9月28日 中村晋也 90歳〜闘いの制作〜
鹿児島市在住の彫刻家、中村晋也さん。『大久保利通』の像や、鹿児島中央駅前の『若き薩摩の群像』の制作者です。今年90歳を迎えた中村さんは、今、彫刻人生の集大成ともいえる巨大な作品に取り組んでいます。
それは、「釈迦八相(しゃかはっそう)」。釈迦の生涯の中でも重要な8つの場面です。
奈良の薬師寺。国宝の薬師三尊像で知られ、1300年前に建立された歴史ある寺です。そこには、かつて釈迦八相の像が安置されていました。しかし、その姿は火災で焼失するなどしてほとんど残されていません。1000年もの時を経て、中村さんが「再現」しようとしているのです。
「平成の足跡を残したい」。釈迦八相に全身全霊を傾ける彫刻家の姿を見つめます。
9月14日 楽し!旨し!鹿児島港めぐり
古くから海の交流を盛んに行ってきた鹿児島。海の玄関口鹿児島港は、北の本港から南の浜平川港まで七つの港をもつ全国でも有数の港。七つの港は、それぞれ航路や役割の違いから個性的な発展をしてきました。
今回のどんかごは、「海と日本プロジェクト」の一環として生活に密着した港界隈をぶらぶらめぐります。めぐるのは、本港区、新港区、鴨池港区。港にまつわる意外な職業やお店が登場します。
9月7日 奄美ゆったり珍道中〜田辺師匠のバイク旅3〜
ラーメン大好き!温泉大好き!うんちく語るの大好き!な田辺令吉アナウンサーがバイクにまたがり県内各地を巡る旅の第3弾。今回の舞台は「奄美大島」。島の果物や塩を使った珍しいスイーツや鶏飯などの島料理のほか、豊かな海の幸も堪能。もちろん奄美でしか食べられないご当地ラーメンも味わい尽くします。しかも田辺師匠、1か所なんてケチなことは言いません。果たして何杯のラーメンを食べるのか?さらに図々しい田辺師匠、出会った地元の方にガイドブックにも掲載されていないお店を案内してもらったり、奄美のライダーズクラブの方と大島海峡を渡って加計呂麻島も巡ります。他にも奄美ならではのマリンスポーツやハブのショーなどをいつもの師匠ペースでゆるーく体験しちゃいます。お楽しみに。

Copyright(c) Minaminihon Broadcasting Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載された全ての記事・画像等の無断転載、二次利用をお断りいたします。